気になりだした方は健康で抜けにくい頭皮ケアをしましょう。難しい事はありませんが、毎日の努力が必要です。

タバコとの因果関係

育毛にとって一番良くないのは血行を悪くしてしまうことです。
これは、睡眠不足や運動不足でも起こりがちですが、
育毛にとって一番の大敵は喫煙、及びタバコの煙です。
喫煙は頭皮の環境だけでなく体にも悪影響だと言うことはすでに分かっていると思いますが、
実際にどのようにして頭皮や体に悪影響を与えているのでしょうか。
ここでは、タバコの害について少し詳しく書いていきたいと思います。

タバコにはニコチンと呼ばれるものが含まれています。
このニコチンは血管を収縮させる働きをしますから、
タバコを吸うことで結果的に体全体の血行を悪くしてしまいます。
血行が悪くなるということは頭皮にも十分な血液がまわらなくなりますから、
髪の毛の成長を妨げるだけでなく体全体の機能の成長まで影響するということになるのです。
また、タバコは自分が吸うだけでなく人が吸っている煙にも悪影響があります。
タバコの煙には一酸化炭素が大量に含まれていて、
これは体内を酸素不足にする要因になりますから
結果的に代謝が落ちて血の巡りを悪くする原因となるのです。

タバコによる悪影響は血管を収縮させ、血行を悪くするだけではなくタバコを吸うことで、
体内のビタミンCを破壊してしまいます。
ビタミンCには皮膚の潤いやハリに繋がるコラーゲンを作りだすことを助ける効果がありますから、
そのビタミンCを失うということは、肌の環境にも大きな影響を与えてしまうということになるのです。
その結果、頭皮の硬直に繋がり、
髪の毛の成長にも悪い影響を与えるということになってしまうのです。

タバコは最初、軽いストレス解消のつもりで吸いはじめる人がほとんどだと思います。
しかし、そんな軽い気持ちで吸いはじめてしまった為に頭皮や体の環境を悪くしてしまい、
それはやがて、ストレスとなってしまうでしょう。
ですから、ストレス解消は別の方法を考えるようにして育毛を本気でしたいと考えるのなら、
タバコはやめなければならないと言えるでしょう。