気になりだした方は健康で抜けにくい頭皮ケアをしましょう。難しい事はありませんが、毎日の努力が必要です。

様々な成分を有効活用する

以前は抜け毛対策の直接的な方法としてクシの先端で頭皮に刺激を与えたり、
ワカメを積極的に食べたりするなどのものが存在しており、
髪の毛の悩みを持つ人達はそれらの方法を真剣に試していたものです。

しかし、科学が進歩するにつれて頭髪についての理解も進み、
育毛を行うために必要なのは頭皮への物理的な刺激やワカメなどの
ミネラルを多く含む食材の摂取では無いということが分かりました。

そして、最新の研究では髪の毛の成長を促進させる要素である、
成長因子を頭皮に与えることが重要であると解明されてきたのです。
それゆえに、前世代的な発毛を促進させる方法を行うのではなく、
理論に基づいてこれらの成長因子を利用することが大切であると理解できるでしょう。

さて、その髪の毛を成長させる要素である成長因子には、
実は幾つかの種類の成分が存在していることが分かってきました。
そして複数ある成分の中でも、KGF、HGF-1、VEGF、bFGF、IGFという
五つのものが特に髪の毛の発育に関して効果を発揮するというデータがあります。

全ての成分が略語であり、どのような働きを担っているのか分かりづらいかもしれませんが、
これらの成長因子の成分を細かく見ていくと肝細胞を基盤としたものや、
インシュリンを基盤としたものなど、
健康における馴染み深い成分によって作られていることが分かるでしょう。
そして、これらの成分はそれぞれが違った働きかけを毛根に与えてくれますので、
できるだけ多様な成分を頭皮に使用することが望ましいと考えられています。